古代歌謡と儀礼の研究

土橋寛 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • 凡例
  • 序章 本書の目的と方法 / 1
  • 第一章 国見の起源 / 11
  • 第一節 国見の起源に関する諸説 / 11
  • 第二節 国見と歌垣との関係 / 14
  • 第三節 国見・歌垣の起源としての春山入り / 22
  • 1 花見と花見歌 / 23
  • 2 山行きと山歌 / 29
  • 3 御岳参りとその歌 / 40
  • 4 国見と国見歌 / 45
  • 5 南島における国見と歌垣 / 56
  • 第四節 古代の山遊び / 59
  • 1 万葉集「竹取翁」の歌物語と「野遊」の歌 / 59
  • 2 柴刈説話・水浴説話と儀礼との関係 / 65
  • 3 中国始祖神話の民俗的背景 / 70
  • 4 柴刈爺と竹取翁 / 78
  • 5 中国における国見と歌垣 / 81
  • 第二章 正月行事と山人の儀礼 / 97
  • 第一節 春山入りと正月行事 / 97
  • 第二節 正月の来訪神-岡見・竈占をめぐって- / 103
  • 第三節 御薪・御杖・錦木など / 108
  • 第四節 山人の儀礼 / 112
  • 1 山人の薪と杖 / 112
  • 2 穴師兵主神について / 116
  • 3 葛城一言主神と役小角 / 132
  • 4 平野祭その他における山人 / 140
  • 5 「和舞」の由来と名義 / 147
  • 第三章 採物のタマフリ的意義 / 161
  • 第一節 タマフリの呪物 / 162
  • 1 「タマフリ」ということ / 162
  • 2 ミアレ木・阿礼幡について / 173
  • 3 神聖の観念と「アル」の語義 / 177
  • 第二節 鎮魂祭とその起源説話 / 190
  • 1 鎮魂祭の性格 / 190
  • 2 猿女君の呪術と天岩戸の神話 / 193
  • 3 物部氏の呪術と饒速日命の神話 / 201
  • 4 呪術から宗教へ-天岩戸の神話をめぐって- / 206
  • 第三節 神楽と神楽歌 / 214
  • 1 問題点について / 214
  • 2 「神遊び」と「神楽」 / 216
  • 3 内侍所御神楽と古神楽との関係 附人長作法の意味 / 221
  • 4 古神楽歌の構造と性格-神楽譜の場とその成立の問題によせて- / 241
  • 5 内侍所御神楽の構造と性格 / 252
  • 第四章 国見の意義 / 265
  • 第一節 花見・国見のタマフリ的意義 / 265
  • 1 「見る」ことの呪術的意義 / 266
  • 2 国見的景物としての花、鳥、雲、煙など / 280
  • 第二節 天皇国見の政治的意義 / 295
  • 1 記紀・万葉における天皇と皇祖神の国見 / 295
  • 2 風土記地名説話の性格 / 299
  • 3 天皇国見の意義 / 302
  • 第三節 族長と地方祖神の国見 / 310
  • 第五章 国見歌とその展開 / 319
  • 第一節 国見歌の性格、発想、素材 / 319
  • 第二節 「思国歌」について / 325
  • 第三節 天皇の国見歌 / 335
  • 1 応神・仁徳天皇の国見歌と国見的望郷物語 / 335
  • 2 舒明天皇の「望国歌」 / 342
  • 第四節 国讃め歌の系譜 / 346
  • 1 山讃め歌と宮讃め歌 / 346
  • 2 国讃め歌と万葉「雑歌」 / 348
  • 3 正月元日の「余美歌」 / 353
  • 4 「ヨム」ということ / 356
  • 第五節 国見的望郷歌とその展開 / 365
  • 1 国見的望郷歌 / 365
  • 2 国見的望郷歌の万葉における展開 / 369
  • 第六章 歌垣の意義とその歴史 / 379
  • 第一節 歌垣の意義 / 379
  • 1 歌垣の概念とその実態-与論島と中国周辺民族の歌垣をめぐって- / 379
  • 2 「ウタガキ」の語義 / 389
  • 3 歌垣の予祝的意義 / 391
  • 4 「歌掛き」の意義-盛衰・競争・試問について- / 394
  • 第二節 歌垣の歴史 / 403
  • 1 歌垣の起源と変化 / 403
  • 2 山上から水辺・市へ / 411
  • 3 歌垣と踏青・踏歌 / 413
  • 第七章 歌垣の歌とその展開 / 425
  • 第一節 歌垣の歌の主題・性格・発想法とその種類 / 425
  • 第二節 歌垣の歌 / 434
  • 1 男女の誘い歌 / 434
  • 2 悪口歌とはねつけ歌 / 442
  • 3 老人の歌 / 456
  • 4 老人に対する揶揄い歌など / 470
  • 5 恋の教訓歌 / 480
  • 6 その他の歌 / 484
  • 第三節 歌垣の歌と万葉「相聞」の歌 / 491
  • 1 「相聞」の意味 / 491
  • 2 歌垣の歌と万葉「相聞」の歌 / 495
  • 索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 古代歌謡と儀礼の研究
著作者等 土橋 寛
書名ヨミ コダイ カヨウ ト ギレイ ノ ケンキュウ
出版元 岩波書店
刊行年月 1965
ページ数 506p
大きさ 22cm
ISBN 4000007629
NCID BN0575589X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66000400
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想