ゲルニカ物語

荒井信一 著

スペイン内戦の時代に生まれ、20世紀最大の政治的絵画といわれる「ゲルニカ」。パリ万国博(1938年)に初めて展示されたこの壁画は、単にゲルニカ爆撃への怒りを語るだけではない。著者は、ファシズムと人民戦線が対峙する時代状況に重ねてピカソの内面的な苦悩を描き、さらに戦後史の激動の中でこの絵がたどった運命にも説き及ぶ。

「BOOKデータベース」より

スペイン内戦の時代に生まれ、20世紀最大の政治的絵画といわれる「ゲルニカ」。パリ万国博に初めて展示されたこの壁画は、単にゲルニカ爆撃への怒りを語るだけではない。著者は、ファシズムと人民戦線が対峙する時代状況に重ねてピカソの内面的な苦悩を描き、さらに戦後史の激動の中でこの絵がたどった運命にも説き及ぶ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 パリ万国博覧会・一九三七年-ファシズムと人民戦線
  • 第2章 ゲルニカの爆撃-誰が、なぜ、どのように?
  • 第3章 『ゲルニカ』誕生-ピカソの苦悩、作品の解釈
  • 第4章 漂泊と復活-ニューヨークから祖国へ
  • 終章 プラド美術館で

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 パリ万国博覧会・1937年-ファシズムと人民戦線
  • 第2章 ゲルニカの爆撃-誰が、なぜ、どのように?
  • 第3章 『ゲルニカ』誕生-ピカソの苦悩、作品の解釈
  • 第4章 漂泊と復活-ニューヨークから祖国へ
  • 終章 プラド美術館で

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゲルニカ物語
著作者等 荒井 信一
書名ヨミ ゲルニカ モノガタリ
書名別名 ピカソと現代史

Gerunika monogatari
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1991.1
ページ数 207, 4p
大きさ 18cm
ISBN 4004301556
NCID BN05744022
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91023934
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想