数値予報新講

岸保勘三郎 著

[目次]

  • 目次
  • 1 数値予報の歩み
  • 1.1 数値予報 / p1
  • 1.2 リチャードソンの夢 / p1
  • 1.3 気象力学の近代化 / p2
  • 1.4 数値予報の実用化 / p3
  • 2 大気中におけるじょう乱
  • 2.1 長波 / p5
  • 2.2 運動方程式と地衡風 / p10
  • 2.3 数値予報の原理 / p12
  • 2.4 うず度 / p21
  • 3 バロトロピック大気
  • 3.1 うず度方程式 / p33
  • 3.2 うず度の予報 / p35
  • 3.3 等圧面高度の予報 / p38
  • 4 客観的分析
  • 4.1 観測資料の自動処理 / p45
  • 4.2 客観的解析 / p46
  • 5 大気の三次元的構造(I)
  • 5.1 うず度の立体分布 / p49
  • 5.2 上昇流と下降流 / p52
  • 5.3 上昇流の求め方 / p56
  • 6 大気の三次元的構造(II)
  • 6.1 三次元のうず度方程式 / p65
  • 6.2 層厚と温度場 / p70
  • 7 低気圧の発達
  • 7.1 トラフと上昇流 / p73
  • 7.2 低気圧の発達と上層のうず度 / p79
  • 7.3 低気圧発達の機構 / p83
  • 8 バロクリニック大気
  • 8.1 二層モデル / p91
  • 8.2 二層モデルにおけるうず度方程式 / p94
  • 8.3 二層モデルの数値予報 / p100
  • 9 水蒸気を考慮した予報
  • 9.1 湿潤空気の熱力学 / p111
  • 9.2 層厚の予報式 / p117
  • 9.3 予報の実例 / p122
  • 9.4 顕熱を考慮した予報 / p128
  • 10 多層モデルによる72時間予報
  • 10.1 4層モデル / p133
  • 10.2 予報の計算過程 / p134
  • 10.3 摩擦と放射 / p136
  • 10.4 4層モデルによる72時間予報 / p140
  • 11 大気じょう乱とスケール
  • 11.1 現象のスケール / p153
  • 11.2 小さいスケールのじょう乱 / p155
  • 11.3 スケールのちがった波の干渉 / p158
  • 11.4 雑音の取扱い / p159
  • 付録A / p163
  • 付録B / p166
  • 付録C / p170
  • 付録D / p173
  • 付録E / p175
  • 付録F / p176
  • 付録G / p177

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 数値予報新講
著作者等 岸保 勘三郎
書名ヨミ スウチ ヨホウ シンコウ
シリーズ名 新気象学薦書
出版元 地人書館
刊行年月 1968
ページ数 180p
大きさ 19cm
NCID BN05741895
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68008645
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想