グローバリゼーション : 世界経済の統合と協調

小島明 著

1989年秋以降の東欧の劇的変革と米ソ協調は戦後世界政治の枠組を一変させたが、経済はそれに先行し、既に70年代から構造転換をみせ始めていた。それは超大国米国の覇権失墜と各国の統合と協調、すなわちグローバリゼーションへの歩みであり、世界経済が貿易だけでなく投資によって強く結合される現象でもあり、主役の一人は日本である。第一線の経済ジャーナリストが世界各地の取材を通して伝える生々しい経済の現場報告。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ソ連・東欧の"資本主義革命"
  • 第2章 国境越える巨大な資本移動
  • 第3章 投資摩擦
  • 第4章 相互依存
  • 第5章 相互内政干渉と共同運営

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グローバリゼーション : 世界経済の統合と協調
著作者等 小島 明
書名ヨミ グローバリゼーション
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1990.12
ページ数 178p
大きさ 18cm
ISBN 4121009991
NCID BN05741363
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91039302
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想