時代観察者の冒険

小林信彦 著

ぼくたちは、いま、どういう時代に生きているのか。そして、80年代とは、どういう時代だったのか-。<日付けのある文章>を軸にして、旺盛な好奇心と鋭敏な感受性で、東京の変容、人間観察、ショウと笑い、アイドル、言語、本と読書の周辺などと、とりあげる話題は多彩に広がる。<時代の匂い>をふんだんにつめこんだエッセイでおくる、現代観察フィールド・ノート。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 社会時評1 1978‐1979(情報公害について
  • 生活騒音と狂気
  • 外来語の誤用と<パロディ> ほか)
  • 言語時評 1977(電話のなかの言葉
  • テレビのなかの言葉
  • <エンタテイナー>という言葉)
  • 社会時評2 1978‐1986(<ギャグ・エイジ>の守護神
  • 白球を追って
  • こだわり続けること ほか)
  • 日記から 1981
  • ニューヨークから(相互理解
  • ブロードウェイ1981
  • 消えた書店)
  • 東京のこと(下町の夏
  • 花火の町
  • 町人文化への道 ほか)
  • 十人十色(親切な人
  • ヨコの関係
  • お酒飲む人 ほか)
  • 作家と作品(もう1人の<北杜夫>
  • 『筒井康隆劇場12人の浮かれる男』
  • 大岡昇平『成城だより』 ほか)
  • 自作の周辺
  • 本と書評の周辺
  • 原初の風景

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 時代観察者の冒険
著作者等 小林 信彦
書名ヨミ ジダイ カンサツシャ ノ ボウケン
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1990.12
ページ数 343p
大きさ 15cm
ISBN 4101158207
NCID BN05731825
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91022775
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想