超高齢社会の福祉

高島進 著

「老後は家族と一緒に」という願いが根強くある。しかし、農村社会にかわって都市型生活が主流となり、早晩世界一の超高齢社会に突入する日本では、もはや老後の面倒を家族の善意に頼ることは不可能だ。本書は、福祉先進国スウェーデン、民営化の嵐ふくイギリス、福祉の商品化をおしすすめたアメリカの3国の実情をふまえ、21世紀日本における福祉の展望を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「高齢化社会危機」論と高齢者の生活の危機
  • 先進資本主義国における老人福祉(スウェーデンの老人福祉
  • イギリスの老人福祉
  • アメリカ合衆国の老人福祉)
  • 日本の現実(家族扶養の行きづまり
  • 高齢者が人間らしく生きる条件)
  • 21世紀への展望(福祉の歴史と原則
  • 協同を基礎とする福祉)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 超高齢社会の福祉
著作者等 高島 進
書名ヨミ チョウ コウレイ シャカイ ノ フクシ
シリーズ名 科学全書 36
出版元 大月書店
刊行年月 1990.12
ページ数 177p
大きさ 19cm
ISBN 4272401467
NCID BN05725979
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91017820
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想