国史上の社会問題

三浦周行 著

明治維新の原動力を「下級武士の努力や町人・百姓の自覚」とみるなど、歴史を英雄豪傑の個人的営為としてではなく、時代を動かした社会諸階級の運動とそれを体現した個性との葛藤の中で捉えて、日本史を通観し、日本社会史研究の道を切り開いた名著。山城国一揆の意義を論じた「戦国時代の国民議会」を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 緒言
  • 上古の社会問題
  • 中古の社会問題
  • 鎌倉時代の社会問題
  • 室町時代の社会問題
  • 豊臣時代の社会問題
  • 江戸時代の社会問題
  • 戦国時代の国民議会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国史上の社会問題
著作者等 三浦 周行
書名ヨミ コクシジョウ ノ シャカイ モンダイ
書名別名 Kokushijo no shakai mondai
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1990.12
ページ数 205p
大きさ 15cm
ISBN 4003316630
NCID BN05724386
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91021808
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想