日本美術全集  第18巻

大河直躬 ほか編

宗達・光悦にはじまり、光琳にひきつがれた琳派の絵画と工芸。また、大名婚礼調度・寛文小袖・肥前磁器をあわせて、江戸前期の芸術家がとらまえた意匠美の極致を味わう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 琳派の装飾画
  • 江戸前期の工芸
  • 宗達における町衆的性格と室町文化
  • 宗達・光琳の代表作と趣向の美学
  • 屏風の形と構図
  • 日本美術の日常性
  • ヨーロッパにおける日本磁器-その鑑賞と模倣
  • 巻末特集・日本美術の技法

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本美術全集
著作者等 大久保 純一
小林 忠
村重 寧
灰野 昭郎
書名ヨミ ニホン ビジュツ ゼンシュウ
書名別名 宗達と光琳 : 江戸の絵画2・工芸1

Nihon bijutsu zenshu
巻冊次 第18巻
出版元 講談社
刊行年月 1990.12
ページ数 233p
大きさ 37cm
ISBN 4061964186
NCID BN05721978
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91019592
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
宗達と光琳 : 江戸の絵画2・工芸1 小林忠 ほか
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想