深層の天皇 : 源氏物語の古京

広川勝美 著

昭和から平成への御代替り。源氏物語のむかしなら、宮が遷されまた新しく華麗な王朝絵巻の始まるところ。しかしこの名高い物語をひもといた者は誰しも、優雅な色好みの世界のうらに不気味な暗い影が全篇を覆っていることに気づかされる。この暗さは一体何なのか。平城京から平安京への歴代の天皇がひきずっている鬱々たる憂愁の系譜。怨霊に充ちた王朝の都市伝承アーバン・レジェンドの秘密に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 宮都の伝承
  • 怨霊の宮都
  • 悪所の物の怪
  • 古京への回帰
  • 終末としてのプロローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 深層の天皇 : 源氏物語の古京
著作者等 広川 勝美
書名ヨミ シンソウ ノ テンノウ
シリーズ名 源氏物語
出版元 人文書院
刊行年月 1990.12
ページ数 228p
大きさ 20cm
ISBN 4409520148
NCID BN05715374
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91049886
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想