公益事業と規制緩和

林敏彦 編

本書は、現在さまざまな形で規制緩和や民営化が進められている公益事業について、経済学者と法学者と実務家が概念を整理し、実証分析を行い、望ましい政策提言を試みた論文を集めたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 公益事業規制の背景(公益事業における規制と競争-法的視点から
  • 電気事業・ガス事業規制の沿革
  • 競争の成果と規制の根拠
  • 日本の政治システムと公益事業)
  • 第2部 規制緩和の経済理論(公益事業の兼業規制は必要か
  • 公益事業の新たな料金規制
  • 内部相互補助理論の現状)
  • 第3部 都市ガス事業の新展開(天然ガスのコモンキャリッジに伴う諸課題
  • ガス料金制度)
  • 第4部 電気事業の規制緩和(電気事業における規模の経済性
  • 米国電力事業における競争
  • 電気事業の規制と構造変化)
  • 第5部 電気通信事業への競争導入(わが国電気通信事業の新展開
  • 情報通信産業における競争と規制)
  • 第6部 交通業の規制緩和(航空規制緩和と公共政策
  • カナダにおける航空業の規制緩和とその経済的影響
  • 国鉄改革と新しい鉄道政策
  • バス事業の活性化と規制緩和)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 公益事業と規制緩和
著作者等 林 敏彦
書名ヨミ コウエキ ジギョウ ト キセイ カンワ
書名別名 Koeki jigyo to kisei kanwa
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 1990.12
ページ数 317p
大きさ 22cm
ISBN 4492760814
NCID BN05704414
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91016335
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想