文学としての聖書

斎藤勇 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • I. 緒言 / 1
  • i. 「聖書」及び「舊約」「新約」といふ名稱 / 2
  • ii. 聖書の成り立ち / 5
  • iii. 史詩としての聖書 / 15
  • II. 聖書の内容 / 27
  • i. 一神教的思想 / 28
  • ii. 神についての莊嚴な記事 / 34
  • iii. 醜惡な人性の暴露 / 39
  • III. 聖書英譯略史 / 43
  • i. 中世 / 44
  • ii. 近世 / 49
  • iii. AUTHORIZED VERSION / 59
  • iv. REVISED VERSION / 69
  • IV. 聖書英譯の殉教者TYNDALE / 73
  • i. 緒言 / 75
  • ii. 英國の宗教改革におけるTYNDALEの功績 TYNDALE小傳 / 77
  • iii. TYNDALE譯聖書の價値 / 93
  • iv. ERASMUS及びMOREとの比較及び對照 / 105
  • v. TYNDALE年譜 / 115
  • V. 欽定英譯聖書の文體 / 119
  • i. 簡樸 / 120
  • A. 單音節語が多い / 120
  • B. 外來語が少い / 122
  • C. 直截な表現に富む / 122
  • D. 弛緩體の文構造 / 129
  • ii. 古雅 / 131
  • iii. 具體的表現 / 133
  • iv. 格調の美 / 139
  • VI. 欽定譯、改譯、及び現代語譯の文學的價値 / 147
  • i. 欽定譯の短所 / 148
  • A. 今は解し難い古語 改譯におけるそれらの訂正 欽定譯及び改譯の文體に關する文學者の批評 現代語譯の意義 / 148
  • B. 意味の不明瞭な表現 / 161
  • C. 誤譯 それらの改訂 / 164
  • ii. 欽定譯の長所 / 176
  • A. 素樸 Ruth 簡勁 "Jesus wept." / 176
  • B. 具象性 "lilies of the field." / 184
  • C. 英國在來の言葉使ひ 他の譯における外來語 / 188
  • D. Rhythmの氣高さ 英語散文の格調 Saintsbury及びArnoldの批判 / 195
  • 結語、欽定譯及び改譯の比較 / 209
  • VII. 物語文學としての「創世記」 / 211
  • i. 天地創造 アダムとエバ / 212
  • ii. カインとアベル ノアの洪水 バベルの塔 / 215
  • iii. アブラハム ロト イサクの燔祭 / 219
  • iv. イサクのための嫁さがし リベカ / 224
  • v. エサウとヤコブ ヤコブの夢に現れた天使のきざはし ヤボクの渡し 彼の人柄 / 230
  • vi. ヨセフとその兄弟 エジプトにおけるヨセフ ポテパルの妻 王の夢 宰相ヨセフ 大饑饉 兄弟たちとのめぐりあひ Charles J.Wellsの劇Joseph and his Brethren / 240
  • VIII. 「マルコ傳」中の挿話三つ / 257
  • 小序 聖書の讀み方 / 258
  • i. 富める青年 / 262
  • ii. キリストに嘉せられた二人の女 / 273
  • A. 貧しき寡婦 / 274
  • B. ベタニヤのマリヤ / 277
  • 參考書目 / 287
  • i. 英譯聖書 / 289
  • ii. 聖書概説 / 293
  • iii. 聖書英譯史 / 298
  • iv. Tyndale書誌 / 299
  • v. 英譯聖書の文學的研究 / 302
  • 索引 / 307
  • i. Names and Subjects / 309
  • ii. Biblical Expressions / 318
  • iii. Biblical Text / 320

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 文学としての聖書
著作者等 斎藤 勇
書名ヨミ ブンガク ト シテノ セイショ
書名別名 Bungaku to shiteno seisho
出版元 研究社
刊行年月 1948
版表示 再版
ページ数 322p
大きさ 19cm
NCID BN05692086
BN14741885
BN15041324
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
48008525
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想