群像日本の作家  17

大岡信 [ほか]編

青森県内屈指の大地主、貴族院議員の家に生まれながら、無比のやさしさ、無類の羞恥心のゆえに、生涯4度の自殺未遂をくり返し、絶望の淵から生きることへの希望と不安を歌いあげた太宰治38年の劇的な生涯の全容に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 太宰治アルバム
  • 書下ろしエッセイ いつまでもつづく魂の交感
  • 作家論(太宰治論
  • 太宰治
  • 滅びの使徒
  • 自画像について
  • 20世紀における芸術家の宿命)
  • 肉親の証言 御坂峠(津島美知子)
  • ひと(太宰治君
  • 太宰治との1日
  • 初めてたずねた頃のこと
  • 戦時下の一夜
  • 太宰治と腰越心中 ほか)
  • 太宰治文学紀行-津軽・甲府
  • 文学散歩地図 津軽・甲府・三鷹
  • 同時代の批評(稀有の文才
  • 「晩年」時代の太宰治
  • 太宰治氏の文学 ほか)
  • 作品論(『ヴィヨンの妻』
  • 大庭葉蔵
  • 太宰治におけるパロディの問題 ほか)
  • ひと(太宰治と文治さん
  • 青森時代の太宰治)
  • 作品推敲のあと「哀蚊」
  • 筆名の由来 作家太宰治の誕生
  • 罪について(太宰治と聖書)
  • 死について(太宰治情死考
  • 太宰治 追悼 ほか)
  • 新しい照明(太宰の読者
  • フィクションとしての"自画像" ほか)
  • 太宰治の作品
  • 代表作30編ガイド
  • 太宰治年譜

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 群像日本の作家
著作者等 三好 行雄
大岡 信
長部 日出雄
高橋 英夫
書名ヨミ グンゾウ ニホン ノ サッカ
書名別名 太宰治
巻冊次 17
出版元 小学館
刊行年月 1991.1
ページ数 355p
大きさ 20cm
ISBN 4095670177
NCID BN05692075
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91021170
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
太宰治 長部 日出雄
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想