中国経済の新局面

山内一男, 菊池道樹 編

世界的な社的主義体制の動揺と転換が進む中で、1989年の天安門事件を機に保守派が主導権を握った中国では、78年以来の経済改革が混迷を深めている。過去12年間に及ぶ試行と成果,挫折と矛盾を歴史的かつ多面的に追究、中国社会主義経済の問題点と可能性を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 中国の経済改革-その12年間の軌跡
  • 第2章 ソ連・東欧の激動と中国への教訓
  • 第3章 経済改革と「ブルジョア自由化」批判
  • 第4章 「改革」農政と農業問題
  • 第5章 中国鉄鋼業の展開と産業組織
  • 第6章 郷鎮企業論
  • 第7章 対外開放と開発戦略
  • 第8章 「改革10年期」における中国財政の構造
  • 第9章 "官倒"-中国における腐敗現象
  • 第10章 中国における政治体制改革論議-「庚申改革」から新権威主義へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国経済の新局面
著作者等 山内 一男
菊池 道樹
法政大学比較経済研究所
書名ヨミ チュウゴク ケイザイ ノ シンキョクメン
書名別名 改革の軌跡と展望

Chugoku keizai no shinkyokumen
シリーズ名 比較経済研究所研究シリーズ 6
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1990.11
ページ数 287p
大きさ 22cm
ISBN 4588602063
NCID BN0568701X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91023491
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想