ぼけの診療室

中村重信 著

ぼけたらどうしよう。ぼけないためにはどうすればよいのか。ぼけた人にどう接すればよいのか。「ぼけ」と一口に言っても実は様々なタイプがあり、手術や薬で急激に治っていくものや、痴呆かどうか疑わしいものがあることなど、懇切丁寧に説いている。ぼけの正体、予防から治療法、ケアの仕方に至るまで、役立つ情報が満載の1冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ぼけたらどうしよう(ぼけの診療室はありますか
  • ぼけの診療室では何をしているの
  • ぼけと痴呆のはざま-生理的老化と病的老化
  • 痴呆の診断基準-どのような状態を痴呆と呼ぶか
  • 痴呆にみられる異常
  • 痴呆を起こす病気にはいろいろある)
  • 第2章 ぼけにもいろいろある-よくあるタイプのぼけ(アルツハイマー型痴呆
  • 血管性痴呆)
  • 第3章 ぼけにもいろいろある-珍しいタイプのぼけ(ピック病
  • ハンチントン舞踏病
  • 進行性核上麻痺
  • パーキンソン病
  • クロイツフェルト・ヤコブ病)
  • 第4章 ぼけのように見えるが、痴呆かどうか疑わしい病気(仮性痴呆<うつ病>
  • 手術でよくなるぼけ
  • 甲状腺の異常
  • 肝臓の障害
  • 電解質のアンバランス
  • 低酸素脳症
  • どのようなときに医者を訪ねるべきか)
  • 第5章 どのような人がぼけやすいか(アルツハイマー型痴呆になりやすい人
  • 血管性痴呆になりやすい人
  • ハンチントン舞踏病
  • パーキンソン病の病前性格はあるか
  • クロイツフェルト・ヤコブ病は感染するか
  • ライフ・スタイルとの関係)
  • 第6章 これからどうして行けばよいか(何がねらいなのか
  • 薬剤による治療
  • その他の薬物と副作用
  • 脳の柔軟性とコンピュータ・モデル
  • 動物モデル
  • 神経移植の問題
  • ケアの重要性)
  • 付録 ぼけもだいぶ分かってきた

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ぼけの診療室
著作者等 中村 重信
書名ヨミ ボケ ノ シンリョウシツ
シリーズ名 科学選書 5
出版元 紀伊国屋書店
刊行年月 1990.12
ページ数 272p
大きさ 20cm
ISBN 4314005424
NCID BN05685568
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92007945
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想