至高性 : 呪われた部分-普遍経済論の試み第3巻

G.バタイユ 著 ; 湯浅博雄 他訳

聖なるものの根源に触れつつ、<至高性>への渇望を原始王権の<王>から共産主義までを射程に入れて展開。『呪われた部分』結論部として構想されたバタイユの真骨頂。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 至高性の意味するもの(理論的序論)
  • 第2部 至高性、封建社会、共産主義
  • 第3部 共産主義の否定的な至高性と人間的特性の個人差
  • 第4部 ニーチェにおける至高なもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 至高性 : 呪われた部分-普遍経済論の試み第3巻
著作者等 Bataille, Georges
中地 義和
湯浅 博雄
酒井 健
バタイユ G.
書名ヨミ シコウセイ
書名別名 La souveraineté

Shikosei
出版元 人文書院
刊行年月 1990.12
ページ数 406p
大きさ 20cm
ISBN 4409030353
NCID BN05678992
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91049996
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想