脱近代の労働観

杉村芳美 著

消費と余暇の追求に走る現代日本の産業社会のなかで次第に意味を喪失しつつある労働。それでも続く長時間勤務や、会社離れの動きは何を物語るのか。今日の労働現象を人間の生と社会の根底にまで降りて解釈し、脱近代に向けて働くことの意味の再生をはかる…働きすぎ社会への真摯なメッセージ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 サービス社会と労働観念(サービス社会の労働意識
  • サービス社会の時間意識
  • 「サービス化」と労働の変貌)
  • 第2部 労働・分業・社会(労働の意味と分業
  • 分業と社会
  • 社会的形式としての分業)
  • 第3部 生としての労働(労働のユートピア-自己実現とコミュニケーション
  • 「遊戯」としての労働-手段性と目的性
  • 奉仕としての労働-サービスについて
  • 生としての労働-労働と自由)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脱近代の労働観
著作者等 杉村 芳美
書名ヨミ ダツ キンダイ ノ ロウドウカン
書名別名 人間にとって労働とは何か

Datsu kindai no rodokan
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1990.12
ページ数 270, 16p
大きさ 22cm
ISBN 4623020347
NCID BN05677049
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91015020
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想