官僚制

マックス・ウェーバー 著 ; 阿閉吉男, 脇圭平 訳

[目次]

  • 目次
  • 訳者はしがき / p3
  • 一 官僚制の特徴 / p7
  • 二 官吏の地位 / p11
  • 三 官僚制化の諸前提と諸根拠 / p19
  • I 貨幣経済的および財政的な前提と根拠 / p19
  • II 行政事務の量的発達 / p27
  • III 行政事務の質的変化 / p32
  • IV 官僚制的組織の技術的利点 / p35
  • V 行政手段の集中化 / p46
  • VI 社会的差別の平均化 / p50
  • 四 官僚制機構の永続的性格 / p57
  • 五 官僚制化の経済的および社会的結果 / p60
  • 六 官僚制の権力的地位 / p63
  • 七 官僚制化の発展段階 / p69
  • 八 訓育と教育との「合理化」 / p75
  • 訳註 / p83
  • 解説 / p88

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 官僚制
著作者等 Weber, Max
脇 圭平
阿閉 吉男
マックス・ウェーバー
書名ヨミ カンリョウセイ
書名別名 Kanryosei
シリーズ名 角川文庫
出版元 角川書店
刊行年月 1958
ページ数 98p
大きさ 15cm
NCID BN05671563
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
59000942
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想