財政学要論

肥後和夫 編

本書は、基準的な近代財政学のテキストとして、長い間好評をつづけてきたものの第4版です。1988年の税制改正後のデータを盛り込んだ最新内容。終章に「税制の抜本改革補遺」を加え充実した入門書です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 財政学を学ぶにあたって
  • 第2章 財政のしくみ
  • 第3章 経費
  • 第4章 財政収入
  • 第5章 公債
  • 第6章 公共料金と政府企業
  • 第7章 地方財政
  • 第8章 政府予算と国民経済計算
  • 第9章 財政政策と経済変動
  • 第10章 日本財政のあゆみ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 財政学要論
著作者等 肥後 和夫
書名ヨミ ザイセイガク ヨウロン
書名別名 Zaiseigaku yoron
シリーズ名 有斐閣双書
出版元 有斐閣
刊行年月 1993.11
版表示 第4版.
ページ数 379p
大きさ 19cm
ISBN 4641111111
NCID BN05669801
BN10011304
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
94016142
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想