難民問題とは何か

本間浩 著

政治的迫害や飢餓・戦火を避けて祖国を離れる「難民」。彼らはいまや世界中で1800万人にものぼり、しかも日々、大量に生まれている。難民条約をはじめとする保護と救援の体制は、どこまで整えられているか。ボートピープルなどが流入する日本に問われているのは何か。先進諸国の受け入れ制度や市民活動を紹介し、これからの道を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 難民は、いま
  • 2 国際的な制度の確立
  • 3 「難民条約」を考える
  • 4 日本人の対難民観
  • 5 政策の不在-その場しのぎの日本の軌跡
  • 6 認定はどのように行なわれるのか
  • 7 世界各国内の難民保護
  • エピローグ-21世紀への課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 難民問題とは何か
著作者等 本間 浩
書名ヨミ ナンミン モンダイ トワ ナニカ
書名別名 Nanmin mondai towa nanika
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1990.12
ページ数 226, 4p
大きさ 18cm
ISBN 4004301513
NCID BN05667500
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91022030
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想