かたり

坂部恵 著

「かたり」は歴史の叙述、詩や小説、劇といったフィクション、神話や口頭伝承にまで及ぶ大きな拡がりをもった重要なテーマである。ヴァインリヒとヤーコブソンを軸に「かたり」「はなし」「うた」を対比し、「かたり」の言語的位相、その時間、人称とのかかわりなどを掘り下げた滋味深い書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 <かたり>の基底
  • 第2章 <かたり>の位相
  • 第3章 <かたり>の時間-いまはむかし
  • 第4章 <かたり>と<うた>と人称と
  • 第5章 <かたり>と世界-time immemorial

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 かたり
著作者等 坂部 恵
書名ヨミ カタリ
シリーズ名 弘文堂思想選書
出版元 弘文堂
刊行年月 1990.11
ページ数 177p
大きさ 20cm
ISBN 4335100205
NCID BN0566512X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91012519
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想