カオス的脳観 : 脳の新しいモデルをめざして

津田一郎 著

本書は、カオスの研究を通じて筆者が得た世界観に基づいて行った脳の理論的研究と、さらにそれから得られた脳のような複雑系の研究方法と世界観に関するものである。本書では、筆者には有望と思われるが、直接的な検証方法が不在のため真理としては認められていない多くの事柄に言及することになる。つまり本書はカオス的世界観にもとづいた脳の動的情報処理に関する一つの物語である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 カオス基礎論
  • 2 複雑さの理論
  • 3 カオスの情報力学
  • 4 脳の情報力学過程
  • 5 脳のモデルの可能性-ストーリーをデザインする解釈学的方法論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カオス的脳観 : 脳の新しいモデルをめざして
著作者等 津田 一郎
書名ヨミ カオステキ ノウカン
書名別名 Kaosuteki nokan
シリーズ名 サイエンス叢書 24
出版元 サイエンス社
刊行年月 1990.10
ページ数 220p
大きさ 19cm
ISBN 4781905986
NCID BN05655829
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91006316
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想