右脳と左脳の対話

杉下守弘 著

精神を脳と関連づけて研究する<神経心理学>の発展や、また、コンピュータ断層撮影、ポジトロンCTスキャンなど、脳に関する測定装置の飛躍的な進歩がもたらした、脳と心の解剖学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 左脳と言語
  • 2 脳研究の最前線
  • 3章 大脳の破壊で生じる精神機能の傷害
  • 4 脳を左右に分ける
  • 5 全分離脳と部分的分離脳
  • 6 ガッザニガとの対話
  • 7 左脳と右脳に関する論争
  • 8 男性脳の優越論考

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 右脳と左脳の対話
著作者等 杉下 守弘
書名ヨミ ミギノウ ト ヒダリノウ ノ タイワ
出版元 青土社
刊行年月 1983.3
版表示 [新版]
ページ数 263p
大きさ 20cm
ISBN 4791751175
NCID BN01125211
BN05643874
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
83042328
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想