2000年への技術戦略 : 産業と企業を変える人間科学重視の技術潮流

野村総合研究所企業調査部 編

技術を評価する視点が、「人間科学」重視へと大きく変わる中で、企業の技術開発発想も変えなければならない。本書では、1社1技術戦略、ポートフォリオR&D戦略、理念・戦略・技術の整合-といった2000年に向けた企業の新技術戦略を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 90年代の技術新潮流と戦略(社会の進展とともに変わる技術評価の視点
  • 転換期をむかえた日本の技術開発
  • 個の情報化を促進するエレクトロニクス
  • 有望分野へ絞り込まれる新素材
  • 人間を支える技術となるバイオテクノロジー
  • 21世紀を決める10年間)
  • 第2部 技術戦略のケーススタディ(90年代のエレクトロニクス産業を担う液晶ディスプレイ
  • 個の情報化に伴う飛躍的普及の見込める移動体通信
  • インフラが整い成長期をむかえるナビゲーション市場
  • 待たれる機能性食品の登場
  • 機器のポータブル化で需要急増の二次電池
  • 環境問題で脚光浴びる生分解性プラスチック)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 2000年への技術戦略 : 産業と企業を変える人間科学重視の技術潮流
著作者等 野村総合研究所
野村総合研究所企業調査部
書名ヨミ ニセンネン エノ ギジュツ センリャク
書名別名 Nisennen eno gijutsu senryaku
出版元 野村総合研究所情報開発部
刊行年月 1990.11
ページ数 262p
大きさ 22cm
ISBN 4889900373
NCID BN05640457
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91013784
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想