ジャズ : 熱い混血の音楽

ウィンスロップ・サージェント 著 ; 湯川新 訳

民俗音楽が記譜法を前提としない即興の音楽、演奏者の音楽であることを確認し、その認識のもとに、1920〜30年代のジャズの音楽言語を,リズム,旋法,和声,バンド編成の水準から記述する。聴覚印象のみによる憶測や安直な思弁を排した実証的な記述は、ジャズの中に混在する黒人的な成分と雑種的な成分、商業的な成分の判別を可能にするとともに、それぞれの成分の起源にさかのぼり、因果関係を把握するための指針を与える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 領域
  • 2 民俗音楽の美学
  • 3 分類と定義
  • 4 基礎的なリズムの定式
  • 5 ジャズの旋律の解剖学
  • 6 ホットなリズム
  • 7 ジャズ・リズムの地理学
  • 8 大衆音楽におけるジャズ・リズムの発展
  • 9 ジャズの音階構造
  • 10 ブルースの由来
  • 11 和声
  • 12 黒い大陸からの諸影響
  • 13 ジャズ・オーケストラ
  • 14 ジャズの美学と形式
  • 15 芸術としてのジャズ
  • 16 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジャズ : 熱い混血の音楽
著作者等 Sargeant, Winthrop
湯川 新
サージェント ウィンスロップ
書名ヨミ ジャズ
書名別名 Jazz:hot and hybrid
シリーズ名 りぶらりあ選書
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1990.11
ページ数 313p
大きさ 20cm
ISBN 4588021273
NCID BN0564005X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91016844
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想