聖なる真理の破壊 : 旧約から現代にいたる文学と信

ハロルド・ブルーム 著 ; 山形和美 訳

旧約聖書からホメロス、ダンテ、シェイクスピア、ミルトンを経てカフカ、ベケットへといたる西洋文学総体を、伝統的な《聖・俗》の文学的カテゴリーを廃棄して《崇高性》の美的基準で捉え直す大胆な試み、現代アメリカ批評界を代表するブルーム理論の集大成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ユダヤ聖書
  • 第2章 ホメロスからダンテへ
  • 第3章 シェイクスピア
  • 第4章 ミルトン
  • 第5章 啓蒙思想とロマン主義
  • 第6章 フロイトとそのゆくえ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 聖なる真理の破壊 : 旧約から現代にいたる文学と信
著作者等 Bloom, Harold
山形 和美
ブルーム ハロルド
書名ヨミ セイナル シンリ ノ ハカイ
書名別名 Ruin the sacred truths

Seinaru shinri no hakai
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 309
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1990.11
ページ数 376, 11p
大きさ 20cm
ISBN 4588003097
NCID BN05634512
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91016901
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想