大尉の娘

プーシキン 著 ; 神西清 訳

プーシキン晩年の散文小説の最高峰。実直な大尉、その娘で、表面は控え目ながら内に烈々たる献身愛と揺るがぬ聡明さを秘めた少女マリヤ、素朴で愛すべき老忠僕-。おおらかな古典的風格をそなえたこの作品は、プガチョーフの叛乱に取材した歴史小説的側面と二つの家族の生活記録的な側面の渾然たる融合体を形づくっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 前詞 / 9
  • 一 近衛の軍曹 / 11
  • 二 道案内 / 23
  • 三 要塞 / 37
  • 四 決闘 / 47
  • 五 恋 / 61
  • 六 プガチョーフの乱 / 73
  • 七 強襲 / 87
  • 八 招かぬ客 / 98
  • 九 別離 / 111
  • 一〇 町の包囲 / 119
  • 一一 叛徒の本陣 / 130
  • 一二 孤児 / 146
  • 一三 逮捕 / 156
  • 一四 査問 / 166
  • 後詞 / 181
  • 拾遺の章 / 182
  • 訳註 / 199
  • あとがき / 209

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 大尉の娘
著作者等 Pushkin, A. S.
Pushkin, Aleksandr Sergeevich
神西 清
Pushkin A.S.
プーシキン
書名ヨミ タイイ ノ ムスメ
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1959 21刷
版表示 改版
ページ数 217p 図版
大きさ 15cm
ISBN 4003260430
NCID BA76035265
BN0198998X
BN05630362
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
59002841
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想