近代経済学とマルクス経済学 : 東ドイツの経済科学

上林貞治郎 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき
  • 第一篇 独占企業と資本主義的経営経済学
  • 第一章 資本主義的経営経済学の批判 / p2
  • 第一節 ドイツ民主共和国における資本主義的経営経済学の批判の経過 / p2
  • 一 資本主義的経営経済学の批判の経過 / p3
  • 二 資本主義的経営経済学の批判の現状 / p9
  • 第二節 ドイツ民主共和国における資本主義的経営経済学の批判の内容 / p14
  • 一 『西ドイツにおける経済と経済科学』(研究会議)における批判 / p14
  • 二 『資本主義的経営経済学の本質と役割』(タイヒマン)における批判 / p23
  • 三 『資本主義的経営経済学および社会的経営政策の性格』(シュミット)における批判 / p32
  • 四 『反動的な経営者理論の基本問題』(バロン)における批判 / p49
  • 第三節 ドイツにおける資本主義的経営経済学の発展と特徴 / p62
  • 一 ドイツにおける資本主義的経営経済学の発展と特徴 / p62
  • 二 政治経済学・部門経済学・経営経済学 / p70
  • 第二篇 国家独占資本主義の理論
  • 第二章 国家独占資本主義の理論 / p84
  • 第一節 西ドイツ資本主義の批判的研究 / p84
  • 第二節 国家独占資本主義の理論における問題点 / p97
  • 第三節 国家独占資本主義理論に関する諸批判 / p110
  • 第四節 経済科学界における修正主義的理論の批判 / p114
  • 第三章 株式会社・独占体・国家独占資本主義 / p122
  • 第一節 株式会社・独占体・国家独占資本主義 / p122
  • 第二節 国家独占資本主義に関する諸見解 / p134
  • 第三節 若干の理論的結論 / p142
  • 第四節 若干の理論的社会的背景について / p155
  • 第五節 国家独占資本主義の研究の発展 / p162
  • 第三篇 資本主義的政治経済学における新現象
  • 第四章 資本主義の全般的危機の新段階と資本主義的政治経済学 / p174
  • 第一節 資本主義の全般的危機の新段階 / p174
  • 一 世界史の「新しい段階」 / p174
  • 二 資本主義の全般的危機の新段階(第三段階) / p178
  • 三 社会主義世界体制の新段階 / p184
  • 四 植民地体制の崩壊の発展 / p187
  • 第二節 資本主義的政治経済学における俗流的弁護論 / p188
  • 一 資本主義の独占段階とブルジョア政治経済学 / p189
  • 二 資本主義の全般的危機とブルジョア政治経済学 / p193
  • 第三節 近代経済学における独占理論 / p200
  • 一 主観的構成論-観念論 / p200
  • 二 独占と競争 / p203
  • 三 不完全競争・独占的競争の理論 / p206
  • 四 独占資本および独占段階の解消 / p208
  • 五 国家独占資本主義の正当化 / p213
  • 第五章 資本主義的政治経済学における新現象 / p217
  • 第一節 ブルジョア政治経済学における新現象 / p217
  • 一 国際的研究会議 / p217
  • 国際的研究会議の準備 / p220
  • 第二節 「ブルジョア政治経済学における新現象」の批判(一) / p222
  • 一 ブルジョア政治経済学の階級性 / p222
  • 二 ブルジョア政治経済学における新現象 / p227
  • 三 後進国開発論 / p231
  • 四 経済成長論および機構改善論 / p234
  • 五 ブルジョア経済学者内の分化 / p236
  • 六 残された問題 / p239
  • 第三節 「ブルジョア政治経済学における新現象」の批判(二) / p242
  • 一 マルクス主義政治経済学および社会主義に対するブルジョア経済学的批判 / p244
  • 二 ブルジョア的な後進国開発論 / p255
  • 三 ブルジョア的な経済成長論 / p259
  • 四 資本主義経済の機能メカニズムの改善に関するブルジョア理論 / p266
  • 第四節 ブルジョア政治経済学の危機の深化 / p274
  • 一 総括 / p274
  • 二 ブルジョア政治経済学の危機の深化 / p278
  • 第四篇 社会主義経済と経営経済学
  • 第六章 ドイツ民主共和国おける経営経済学的研究 / p286
  • 第一節 政治経済学・部門経済学・経営経済学の相互連関 / p286
  • 一 東ドイツにおける経営経済学的研究 / p286
  • 二 政治経済学・部門経済学・経営経済学の相互関係 / p288
  • 第二節 経済学全体の中における経営経済学的研究の状況 / p292
  • ベルリン経済大学における状況 / p292
  • 第三節 工業経営経済学的研究の主要問題 / p301
  • 一 ベルリン経済大学の『学士論文リスト』(一九五九年)の考察 / p302
  • 二 工業経済学と工業経営経済学 / p309
  • 第四節 政治経済学・工業経済学・工業経営経済学の発展と特徴 / p318
  • 一 政治的経済的発展 / p318
  • 二 経済学の発展 / p321
  • 三 ベルリン経済大学における研究・教育の発展 / p323
  • 四 理論と実践との結合 / p326
  • 五 教育における理論と実践との結合 / p329
  • 六 カール・マルクス大学経済学部の状況 / p331
  • 七 政治と科学(経済学)との統一 / p335
  • 第五節 結言 / p337

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 近代経済学とマルクス経済学 : 東ドイツの経済科学
著作者等 上林 貞治郎
書名ヨミ キンダイ ケイザイガク ト マルクス ケイザイガク : ヒガシドイツ ノ ケイザイ カガク
書名別名 Kindai keizaigaku to marukusu keizaigaku
シリーズ名 社会科学選書
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 1962
ページ数 342p 図版
大きさ 19cm
NCID BN05622047
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
62005552
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想