色ごのみの文学と王権 : 源氏物語の世界へ

高橋亨 著

レトリックとしての恋愛と王権の物語論。源氏物語と王朝文学の根源を探る、折口学のディコンストラクションの試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 色ごのみの文学(折口信夫の色ごのみ論
  • 源氏物語の「色ごのみ」
  • 物語の男の美質
  • 色ごのみの家と芸道
  • 物語論への地平)
  • 源氏物語の<光>と王権(日月の象徴
  • 王法と仏法と物語
  • 物語の宇宙観
  • レトリックとしての王権)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 色ごのみの文学と王権 : 源氏物語の世界へ
著作者等 高橋 亨
書名ヨミ イロゴノミ ノ ブンガク ト オウケン
シリーズ名 源氏物語 12
叢刊・日本の文学 12
出版元 新典社
刊行年月 1990.10
ページ数 142p
大きさ 19cm
ISBN 4787975129
NCID BN05591056
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91004466
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想