喜多川歌麿  正

林美一 著

浮世絵研究の到達点。半世紀におよぶ業績を集大成した待望の個人全集。女絵かきの第一人者・喜多川歌麿像を大胆に塗り変えた画期的労作。艶本資料4篇収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 歌麿艶本概説(浮世絵師・喜多川歌麿研究のその後
  • 天明6年だった『艶本幾久の露』の刊年
  • 歌麿は通説より4〜5歳若かった
  • 区分出来ぬ浮世絵と江戸文学の研究
  • 過去における歌麿研究との矛盾
  • 歌麿艶本年表
  • 艶本と食違う歌麿の円熟期
  • 歌麿作画年代推定への疑問
  • レジスタント歌麿
  • ウタマルと好亭
  • 歌麿艶本の三期
  • 歌麿艶本紳士録)
  • 夜の歌麿(歌麿描く全枕絵作品の解題)
  • 資料編(艶本幾久の露
  • 歌満くら
  • 会本妃女始
  • 艶本葉男婦舞喜)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 喜多川歌麿
著作者等 林 美一
書名ヨミ キタガワ ウタマロ
書名別名 Kitagawa utamaro
シリーズ名 江戸枕絵師集成
巻冊次
出版元 河出書房新社
刊行年月 1990.10
ページ数 339p
大きさ 23cm
ISBN 4309712525
NCID BN05590450
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91007001
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想