マルクス経済学入門 : 「資本論」の創造的発展

堀江忠男 著

付: 引用・参考文献ノート241-251p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 目次
  • 序章 問題提起-マルクス経済学の理想像と現状 / p1
  • I マルクス主義の核心としての『資本論』 / p1
  • II 現代マルクス経済学の教条主義・公式主義 / p4
  • 第1部 マルクスが「発見」した法則と世界史発展の現実
  • 第1章 19世紀中ごろのイギリス資本主義と『資本論』の誕生 / p14
  • I 『資本論』はいつ・どのように書かれたか / p14
  • II 当時のイギリス労働者階級の状態とマルクスの見直し / p16
  • 第2章 資本主義崩壊必然論の基本的な理論構造 / p20
  • I 資本制的蓄積の一般的法則 / p21
  • II 利潤率低下法則 / p26
  • III 資本制的蓄積の一般的法則と利潤率低下法則の致命的欠陥 / p31
  • 第3章 利潤率低下法則と現実の恐慌 / p40
  • I 「ますます激化する恐慌」の予見 / p40
  • II 恐慌史と対照しての検討 / p42
  • 第4章 「絶対的貧困化論」-その源泉と現状 / p59
  • I マルクス・エンゲルスの絶対的貧困化論 / p62
  • II レーニンの絶対的貧困化論とその自己矛盾 / p68
  • III 現代における絶対的ならざる「絶対的貧困化論」 / p72
  • 第5章 『資本論』の「自然法則」と革命理論 / p79
  • 第6章 クルクス・レーニンの再生産論 / p93
  • I 資本主義経済の成長率と再生産表式 / p93
  • II 社会主義社会と再生産表式 / p105
  • 第2部 『資本論』批判からマルクス経済学の近代化へ
  • 第7章 『資本論』とブルジョア経済学 / p108
  • I マルクスの俗流経済学批判 / p108
  • II マルクス経済学と近代経済学 / p111
  • 第8章 利潤率低下法則と再生産表式 / p118
  • I 法則の形成過程における混乱 / p118
  • II 『資本論』から導きだされる利潤率上昇法則 / p125
  • III 不変資本集約的な発展とv,m記号の2重の役割 / p128
  • IV 単純・拡大再生産の概念の再検討 / p134
  • 第9章 労働量・価値・価格の新たな関係 / p140
  • I マルクスの価値=価格体系の欠陥 / p140
  • II 19世紀のイギリスの物価水準とくらべれば / p142
  • III 同一労働時間はつねに同一価格で表示されるか / p144
  • IV 労働価値説にもとづく「不変価格」 / p149
  • V 「不変価格」と蓄積の新たな源泉 / p150
  • 第10章 「過去の労働」および「生きた労働」の概念の変革 / p157
  • I 過去の労働の総量と生きた労働の総量のくいちがい / p157
  • II 過去の労働と生きた労働の量を一致させたモデル / p159
  • III 労働生産性の概念の整理と具体的な計測への接近 / p165
  • 第11章 労働価値説と流通費・国民所得論 / p175
  • I 第3次産業の比率の傾向的低下の法則? / p175
  • II 流通業務には資本は不用であるか? / p178
  • III ソ連『経済学教科書』の国民所得論に受けつがれた誤り / p185
  • IV マルクス主義国民所得論の混乱を整理するには / p187
  • 第12章 農業地代論から地代論一般への拡充 / p192
  • I マルクスの地代論の問題点と歴史的背景 / p192
  • II 非農業用の最劣等地は無料で借りられるか? / p195
  • III 差額地代は「虚偽の社会的価値」であってはならぬ / p200
  • IV 「剰余価値=平均利潤+地代」という定式化にふくまれた混乱 / p202
  • V 「虚偽の」価値を排除した新たな地代論の展開 / p206
  • VI 地代論と新たに発展させる現代的意義 / p210
  • 第13章 再生産表式と産業連関分析 / p212
  • I マルクス経済学の精密化とレオンチェフ表 / p212
  • II マルクスの2部門分割と産業連関表のn部門分割 / p220
  • III 生産物別の再生産表式とマルクス的な均衡条件 / p230
  • 引用・参考文献ノート / p241
  • 索引(事項・人名・文献) / p253

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 マルクス経済学入門 : 「資本論」の創造的発展
著作者等 堀江 忠男
書名ヨミ マルクス ケイザイガク ニュウモン : シホンロン ノ ソウゾウテキ ハッテン
出版元 日本評論新社
刊行年月 1962
ページ数 258p
大きさ 22cm
NCID BN05589280
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
62008602
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想