人体・ふしぎ発見 : 「他人の匂い」から「心の奥」まで

高田明和 著

なぜ近視(近眼)になるのか、ごぞんじですか?えっ?本のよみすぎ?パソコンのやりすぎ?生まれつき?でも、近視は眼球の成長ミスって説もあるんですよ。私たちが成長する過程で、眼の奥行きもどんどん深くなりますが、それに合わせて眼球の厚さも決まらなくてはなりません。どうも、その際の双方の連絡不行き届きで近視になる…というのです。そんな最新の知見を盛りこんで、あなた自身の「からだ」に強くなるのが、この本です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 人の気分も"匂い"でわかる
  • 2 汗は性信号?
  • 3 体内時計で体温がきまる
  • 4 人に"触れ"られる喜び
  • 5 "立って"いられる有難さ
  • 6 唾液は歯を守る
  • 7 胃と心をつなぐ糸
  • 8 腸には"法則"がある
  • 9 大便をおさえるしくみ、出すしくみ
  • 10 寝るとトイレに行きたくなる?
  • 11 謎につつまれた高血圧
  • 12 息をするのもラクじゃない
  • 13 なぜ"痛い"のか
  • 14 近視は遺伝か環境か
  • 15 世界の左側がなくなった男
  • 16 食欲とどうたたかうか
  • 17 水のバランスシート
  • 18 「タバコを止めることほど簡単なことはない」?
  • 19 愛情がはぐくんだ天才
  • 20 人の心の奥にあるもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人体・ふしぎ発見 : 「他人の匂い」から「心の奥」まで
著作者等 高田 明和
書名ヨミ ジンタイ フシギ ハッケン
書名別名 Jintai fushigi hakken
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1990.11
ページ数 231p
大きさ 18cm
ISBN 4061328441
NCID BN05584130
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91012160
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想