トワン、ガンバルか? : 私の文化論的インドネシア滞在記

今田述 著

地球が急速に狭まりつつある今日、文化の共有が可能となる一方、固有の文化をいかに保持していくかも課題である。カルチャーの壁を越えて日本人が外国で暮らすとは、どれだけ相手の立場になれるかということである。本書は日本にとって永遠の課題である、異文化への対応と理解・協力の問題を、インドネシア人の多彩な生活、地誌と文化、歴史と現代の面から堀り下げた、元ジャカルタ駐在、一日本人銀行員の体験的文化論である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 多彩なる生活・地誌・民族文化
  • 第2章 奥深い言語体系・民衆芸能
  • 第3章 見直されるべき歴史と現代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トワン、ガンバルか? : 私の文化論的インドネシア滞在記
著作者等 今田 述
書名ヨミ トワン ガンバルカ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1990.11
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 4121009932
NCID BN05582791
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91039229
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想