松尾芭蕉

雲英末雄, 高橋治 [著]

旅することが人生だった-。詩心に誘われ、風雅の道一筋に、野ざらし、おくのほそ道のきびしい旅をへて、俳諧を伝統詩の頂点に昇華させた芭蕉の全貌。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 恋をうたう芭蕉
  • 松尾芭蕉(郷里伊賀上野
  • 江戸移住・宗匠立机
  • 深川草庵の生活
  • 野ざらし・笈の小文の旅と庵住
  • みちのくの旅-おくのほそ道
  • 上方漂泊-『猿蓑』の成立
  • 晩年江戸の生活-かるみへの志向
  • 枯野終焉の旅)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 松尾芭蕉
著作者等 雲英 末雄
高橋 治
書名ヨミ マツオ バショウ
書名別名 Matsuo basho
シリーズ名 新潮古典文学アルバム 18
出版元 新潮社
刊行年月 1990.11
ページ数 111p
大きさ 20cm
ISBN 4106207184
NCID BN05576700
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91009822
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想