中原中也 : 言葉なき歌

中村稔 著

中也の作品は、単純素朴に書かれているようにみえながら、技巧的にも非凡な才能を示している。しかも汲んでもつきぬふかい悲しみを歌いつづけたその魅力は、青春期の純粋な魂の傷痕から生じていた。「春日狂想」との衝撃的な出会い以来、中也は、戦争末期から戦後にかけての著者にとって心の糧であった。若くして中也の毒を全身に浴びた詩人による中也に関するほぼすべての論考・エッセイを収めた本書は、大岡昇平の評伝とともに中也像に踏みいるための古典的な位置をしめる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 言葉なき歌
  • 中原中也の生活
  • 鑑賞四篇(一つのメルヘン
  • 月の光
  • 言葉なき歌
  • 早春散歩)
  • 中原中也と立原道造
  • 中原中也の音楽性
  • 中原中也年譜のことなど
  • 大岡昇平『中原中也』と中原フク『私の上に降る雪は』
  • 吉田熈生『評伝中原中也』
  • 大岡さんと中原、富永
  • 中原中也像のなりたち
  • 中原中也像のなりたち・続
  • 中原中也年譜
  • 中原中也との出会い-角川書店版後記
  • 筑摩叢書版のための後記

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中原中也 : 言葉なき歌
著作者等 中村 稔
書名ヨミ ナカハラ チュウヤ
書名別名 Nakahara chuya
シリーズ名 筑摩叢書 343
出版元 筑摩書房
刊行年月 1990.11
ページ数 284p
大きさ 19cm
ISBN 4480013431
NCID BN05575570
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91016986
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想