英文學史

坪内雄藏 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一編 上古期の文學 / 1
  • 第一章 英國の原住民及びアングロ、サクソン族 / 1
  • 第二章 ノオマン征略以前の文學 / 11
  • 第三章 ノオマン征略以後の文學 / 26
  • 第四章 新國文學 / 34
  • 第五章 ヂェッフレー、チョーサア / 39
  • 第六章 チョーサアと同代の詩文人 / 56
  • 第七章 チョーサアの死後一百年 / 60
  • 第八章 文運興隆の遠因 / 65
  • 第九章 ヘンリ八世の朝 / 71
  • 第二編 エリザベス朝の文學 / 85
  • 第一章 結論 / 85
  • 第二章 第一期エリザベス文學 / 92
  • 第三章 第二期エリザベス文學 / 105
  • 第四章 エドマンド、スペンサア / 121
  • 第五章 スペンサアと同代の詩人及び散文家 / 151
  • 第六章 フランシス、ベーコン / 162
  • 第七章 劇壇并びに脚本家 / 174
  • 第八章 リリ及び大學才子 / 194
  • 第九章 シェークスピヤ / 205
  • 第十章 ベンヂャミン、ヂョンソン / 218
  • 第十一章 シェークスピヤ、ヂョンソン以後 / 227
  • 第三編 内亂時代の文學 / 239
  • 第一章 内亂時代の範圍 / 239
  • 第二章 ヂョン、ミルトン / 248
  • 第三章 論文壇 / 269
  • 第四章 學術界 / 283
  • 第五章 新聞雜誌の發端 / 293
  • 第六章 復位期の文學 / 297
  • 第七章 ヂョン、バンヤン / 306
  • 第八章 サミュエル、パトラア / 324
  • 第九章 復位期の詩壇 / 332
  • 第十章 ドライデン / 340
  • 第十一章 當時の劇壇文學(上) / 348
  • 第十二章 當時の劇壇文學(下) / 359
  • 第四編 十八世紀の文學 / 365
  • 第一章 概論 / 365
  • 第二章 アヂソンとス井フト / 377
  • 第三章 前半期の散文家 / 396
  • 第四章 アレクサンダア、ポープ / 406
  • 第五章 ポープと同時代の諸詩人 / 421
  • 第六章 ダンエル、デフォー / 426
  • 第七章 サミュエル、リチャードソン / 440
  • 第八章 ヘンリ、フィールヂング / 452
  • 第九章 スモーレット及びスタアン / 462
  • 第十章 其の他の小説家 / 475
  • 第十一章 サミュエル、ヂョンソン / 481
  • 第十二章 史傳家及び論文家 / 493
  • 第十三章 ヤングよりグレーに至る諸詩人 / 512
  • 第十四章 グレー以後の諸作家 / 525
  • 第十五章 外國文學との關係 / 537
  • 第五編 近代の文學 / 557
  • 第一章 歐洲近代の革命思潮 / 557
  • 第二章 ローマン派 / 567
  • 第三章 哲學派 / 581
  • 第四章 パイロン / 600
  • 第五章 其の他の詩人 / 612
  • 第六章 新代小説家 / 623
  • 第七章 ヂッケンス及びサッカレー / 638
  • 第八章 其の他の小説家 / 649
  • 第九章 定期出版物の發達 / 656
  • 第十章 歴史家 / 689
  • 第十一章 マコーレー / 699
  • 第十二章 カーライル / 711
  • 第十三章 カーライル以後の歴史家 / 725
  • 第十四章 テニソン / 735
  • 第十五章 ブラウニング及びブラウニング女史 / 753
  • 第十六章 其の他の詩人 / 767
  • 第十七章 最近小説家 / 793
  • 第十八章 最近評論壇 / 824
  • 第十九章 哲學壇及び神學壇 / 845
  • 第二十章 科學壇の文才 / 871
  • 第二十一章 脚本 / 881
  • 第二十二章 總收 / 889

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 英文學史
著作者等 坪内 逍遥
坪内 雄藏
書名ヨミ エイブンガクシ
シリーズ名 文學叢書
出版元 東京專門學校出版部
刊行年月 1902
版表示 再版
ページ数 910, 4, 13p
大きさ 23cm
NCID BN05575264
BN06111790
BN08927721
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21333808
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想