近代外科の父・パレ

森岡恭彦 編著

日本の西洋医学のルーツは『解体新書』よりも、その百年も前に作者名を伏せられたまま伝わったアンブロアズ・パレの著作であった。ルネサンス時代、四代のフランス国王の侍医を務めたパレは当時の常識を覆す治療法をあみ出し、近代外科学の基礎を築いた。本書は、没後四百年に当たり、パレの革命的な外科療法、稀有な生涯を紹介し、日本における謎に包まれた伝わり方を描く興味深い読みものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 アンブロアズ・パレと日本の医学
  • 第1章 わが国の近代外科のルーツをさかのぼる(西洋医学を取り入れた人たち
  • 絵図をめぐる謎
  • パレの生地を歩く)
  • 第2章 パレの同時代を見渡す(フランス王家とパレ
  • 宗教戦争と王家の悩み
  • ルネサンスの外科医パレ)
  • 第3章 戦場で学んだ外科医パレ80年の生涯(意欲的に学んだ若き日々
  • 経験と実証を重ねた軍医としてのパレ
  • 国王の外科医パレ
  • 診療と著作に没頭した晩年)
  • 第4章 後世に残した偉大な業績(パレの周辺
  • 『パレ全集』のゆくえ
  • 医療に対する精神に学ぶ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代外科の父・パレ
著作者等 森岡 恭彦
書名ヨミ キンダイ ゲカ ノ チチ パレ
書名別名 日本の外科のルーツを探る
シリーズ名 NHKブックス 609
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1990.11
ページ数 198p
大きさ 19cm
ISBN 4140016094
NCID BN05574658
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92013009
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想