回想のベル・エポック : 世紀末からの夢と享楽

山田勝 著

ベル・エポックはヨーロッパの「古きよき時代」、19世紀末から第1次大戦に至る平和と繁栄の一時期のこと。貴族の衰退、ブルジョワの大躍進、余暇に目覚めた一般庶民の享楽追求、投機熱、秘境への冒険、生活全般に優雅な面影も残されていた。反面、時代の変化にストレスを感じる麻薬中毒者等も急増した。本書は、人々の生活、風俗、芸術、思想を生き生きと伝えるベル・エポックの光と影。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 余暇の時代-ロンドン
  • 2 享楽と自由を求めて-パリ
  • 3 金と地位にとりつかれた時代
  • 4 階級制の混乱
  • 5 冒険と夢を求めて
  • 6 生活の美化とアール・ヌーヴォー
  • 7 デカダンスの夢
  • 8 なぜベル・エポックか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 回想のベル・エポック : 世紀末からの夢と享楽
著作者等 山田 勝
書名ヨミ カイソウ ノ ベル エポック
シリーズ名 NHKブックス 608
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1990.11
ページ数 224p
大きさ 19cm
ISBN 4140016086
NCID BN05574567
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92011615
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想