偉大なる実験 : イギリス人の合衆国史

フランク・シスルスウェイト 著 ; 清水博 訳

[目次]

  • 目次
  • 序 / p3
  • 第1章 ジョージ三世時代のアメリカ植民地社会 / p11
  • 奥地における商取引活発になる
  • 少数者による政治支配
  • プランターとイギリス資本家の衝突
  • 等比級数的な奥地進出
  • イギリス支配に批判高まる
  • 第2章 植民地における反乱 一七六三-八三年 / p23
  • 人種の混合が本国への忠誠心をゆるめる
  • 印紙条例と輸入税に強硬な反対運動
  • ジョン・ロックらの思想の理想的な温床
  • 茶のボイコットと大陸会議召集
  • 中心勢力は奥地出身者と町の大衆
  • 一時は危機に立った大陸会議
  • 鉄の意志の司令官ワシントン
  • 第3章 革命の達成 一七七六-一八〇一年 / p38
  • 地方自治とイギリス国教会制廃止
  • 各邦がそれぞれ主権を保持
  • 連合規約を廃棄して憲法を制定
  • 諸権力の平衡をはかった憲法
  • 政治原理に基礎をおいた結びつき
  • 第4章 大西洋岸の見解 一七九〇-一八五〇年 / p50
  • 対イギリス政策が主要問題
  • 連邦派とリパブリカン派に分かれる
  • 著しい貿易の伸びと移民流入
  • 運河建設と鉄道幹線の敷設
  • 機械操業による製造工業始まる
  • 勤労者の政治介入と職人組合結成
  • 第5章 領土の拡大 一七九〇-一八五〇年 / p64
  • 引き続く西部への進出
  • 気候・野獣・インディアンとの戦い
  • 川による産物の運搬
  • 五大湖地方の開拓進む
  • 西部と東部沿岸との似通い
  • 自由な流動的な社会
  • 社会改良家をひきつけた奥地
  • 女性の地位高まる
  • 公立する反対
  • 南北間に緊張状態生まれる
  • 第7章 民主主義思想と階級性の問題 一八五〇-七五年-南北戦争という試錬の時代- / p94
  • 綿花栽培と奴隷制度
  • 綿花栽培経済の衰退
  • 鍵をにぎる北西部
  • 機械と低運賃
  • 奴隷制廃止始まる
  • リンカンの登場
  • 南北戦争の開始
  • 疲幣しきった南部
  • 第8章 大西部の征服 一八四五-一九〇七年 / p113
  • 信仰に導かれた人々
  • カルフォルニアの金鉱発見が拍車
  • 大陸横断鉄道の完成
  • 天災との戦いと政府の保護
  • 中西部大都市の出現
  • 第9章 民主主義思想と移民 一八八〇-一九二一年 / p127
  • 慣習的権威を拒否する精神
  • 政治的・宗教的被迫害者の流入
  • 生まれ故郷を意識
  • 都市問題を生む
  • 移民制限の運動
  • 移民割当の通過
  • 第10章 民主主義思想と大実業の覇権 一八九〇-一九一七年 / p141
  • 緩慢な労組結成の歩み
  • アメリカ労働総同盟の創設
  • 農民同盟の結成から人民党へ
  • 農民と労働者の利害の不一致
  • 革新主義起こる
  • 推進者シオドア・ローズベルト
  • 革新主義の全盛期
  • 実業の無責任から保護
  • 第11章 偉大な転換 一八九〇-一九二〇年 / p159
  • 矛盾する二つの傾向
  • 両洋を越える拡大主義
  • 第一次大戦への参戦
  • ウィルソン理想主義
  • 自由の伝説は消えず
  • 第12章 近代アメリカの民主政治 / p169
  • 自動車依存による変革
  • 流動する労働力
  • 「中流階級」の文化
  • 大衆教育の貢献
  • 今も追う独立当時の理想
  • あとがき / p180

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 偉大なる実験 : イギリス人の合衆国史
著作者等 Thistlethwaite, Frank
清水 博
フランク・シスルスウェイト
書名ヨミ イダイナル ジッケン : イギリスジン ノ ガッシュウコクシ
書名別名 Idainaru jikken
シリーズ名 時事新書
出版元 時事通信社
刊行年月 1966
ページ数 181p
大きさ 18cm
NCID BN05573145
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66001741
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想