ワラン・ヒヤ : 日本軍によるフィリピン住民虐殺の記録

石田甚太郎 著

日本軍は戦時中、フィリピンで何をしたのか。ゲリラ討伐という名目で、目を覆うばかりの老若男女の虐殺の数々。筆者は奥地や街々を一年以上にわたり話を聞きあるき、激情にはしることなく書き続けた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「ゲリラ討伐」におびえたパナイ島
  • 第2部 戦場のマニラは地獄だった
  • 第3部 ラグナ湖畔の惨劇
  • 第4部 血にまみれたバタンガス
  • 第5部 インファンタ住民虐殺事件

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ワラン・ヒヤ : 日本軍によるフィリピン住民虐殺の記録
著作者等 石田 甚太郎
書名ヨミ ワラン ヒヤ
書名別名 Waran hiya
出版元 現代書館
刊行年月 1990.11
ページ数 414p
大きさ 20cm
NCID BN05570577
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91012677
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想