秘められたベルリン使節 : ヘディンのナチ・ドイツ日記

金子民雄 著

不屈の意志で中央アジア、アメリカ、ロシア等の探険に明け暮れたスウェーデンの地理学者ヘディンは、1935年帰国途中のドイツでヒトラーの出迎えを受けた。それが、探検の旅の長い不在によって、ヨーロッパ政局の激変を熟知していなかったヘディンの政治活動の始まりとなる。ナチス指導者と会談を重ね、戦争阻止と平和の道を探った、知られざる第2次世界大戦の秘密外交の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ドイツ-1935‐38年
  • ベルリン-1939年 秋・1939年 冬・1940年 春
  • ベルリン、ドイツ諸都市-1940年 秋・冬
  • ベルリン-1942年 初夏、1943年 冬

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 秘められたベルリン使節 : ヘディンのナチ・ドイツ日記
著作者等 金子 民雄
書名ヨミ ヒメラレタ ベルリン シセツ
シリーズ名 中公文庫
出版元 中央公論社
刊行年月 1990.9
ページ数 440p
大きさ 16cm
ISBN 4122017416
NCID BN05569771
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91020462
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想