鼻はなにを語りたいのか : 脳、顔と病気

高橋良 著

本書は、鼻のもつ問題に対して、すべて答えた「鼻の百科全書」ともいうべき本。ヒトの進化と脳や頭蓋の話をのせ、生と性やカオリ・ニオイの関係を説き、鼻の病気と心の病いから現代社会の問題にもで言及している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ヒトの進化と脳と性と(秩序に向かって
  • ヒトへの進化
  • からだ<身体>をまとめるもの
  • オス・メスから男女へ
  • もっとも有能な脳の番頭
  • 人間と宇宙)
  • 2 頭と顔を考える(頭と顔
  • 顔と鼻
  • まとめ 脳のための看板となった顔の中の鼻)
  • 3 ニオイとカオリと美女(植物のカオリ
  • ニオイの世界
  • 美人について
  • 化けること
  • 文化で思うこと)
  • 4 老生(生きて老いること
  • すばらしい顔
  • 整老手術ということ)
  • 5 鼻の病能と対応(暮らしの中の鼻の異常
  • いろいろな鼻の病態
  • 病態と医療)
  • 終わりに 恐るべき曲者の誕生から至高体験まで

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鼻はなにを語りたいのか : 脳、顔と病気
著作者等 高橋 良
書名ヨミ ハナ ワ ナニ オ カタリタイノカ
出版元 築地書館
刊行年月 1990.11
ページ数 311p
大きさ 22cm
ISBN 4806745065
NCID BN05567936
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91010924
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想