日本食物史  下

笹川 臨風;足立 勇【共著】

食生活の変遷を辿る基本文献。戦国の混乱期から、安定・興隆期に向かう江戸期を経て文明開化へ。安定期に入った江戸期にはさまざまな料理が出来る。そして明治期に入ると西洋料理が登場する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 安土桃山時代一
  • 第2章 安土桃山時代二
  • 第3章 江戸時代一
  • 第4章 江戸時代二
  • 第5章 江戸時代三
  • 第6章 江戸時代四
  • 第7章 江戸時代五
  • 第8章 江戸時代六
  • 第9章 江戸時代七
  • 第10章 江戸時代八
  • 第11章 明治時代初期

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本食物史
著作者等 桜井 秀
笹川 臨風
足立 勇
書名ヨミ ニホン ショクモツシ
書名別名 近世から近代

Nihon shokumotsushi
巻冊次
出版元 雄山閣
刊行年月 1995.1
版表示 改訂版
ページ数 502p
大きさ 22cm
ISBN 4639012632
NCID BN05465947
BN12383296
BA42855009
BN05566740
BN11942723
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95038717
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
近世から近代 足立 勇, 笹川 臨風
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想