西哲叢書  第30

下程勇吉著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一編 序論 / 1
  • 一 現象學的立場一般 / 1
  • 二 心理主義批判 / 9
  • 第二編 現象學的還元 / 23
  • 三 自然的態度 / 23
  • 四 現象學的判斷中止 / 25
  • 五 志向的體驗、知覺 / 28
  • 六 内在的體驗の明證性 / 39
  • 七 心理學的意識と先驗的意識、現象學的心理學と純粹現象學 / 45
  • 八 反省、形相的還元 / 56
  • 九 認識批判としての現象學と諸科學の排去 / 64
  • 一〇 現象學の學的性格 / 67
  • 一一 ノエシスと與件、モルフェーとヒュレー / 70
  • 第三編 現象學的時間 / 75
  • 前編 現象學的時間に於ける構成的秩序 / 75
  • 一二 絕對的意識流の自己構成 / 76
  • 一三 内在的客體の構成 / 87
  • 一四 超越的客體の構成(一) 物の構成 / 103
  • 一五 超越的客體の構成(二) 觀念的對象の構成 / 109
  • 後編 時間樣態と時間意識 / 112
  • 一六 第一次領域 / 114
  • 一七 第二次領域 / 115
  • 第四編 作用、意味、對象 / 125
  • 一八 知覺意味 / 125
  • 一九 表現と意味 / 132
  • 二〇 英國經驗派に於ける一般槪念 / 137
  • 二一 作用質料と作用性質、一肢的作用と多肢的作用 / 148
  • 二二 ノエシス・ノエマ並行論 / 159
  • 二三 作用の定立性格-原始信憑 / 164
  • 二四 中和變樣 / 177
  • 二五 意味(内容)と對象 / 182
  • 二六 原始信憑と理性 / 188
  • 二七 明證性の綜合的性格 / 192
  • 第五編 範疇的直觀 / 198
  • 二八 直觀的志向と意味標示的志向 / 198
  • 二九 意味賦與作用と表現作用 / 207
  • 三〇 意味志向と對應直觀 / 215
  • 三一 判斷、素材と形式 / 221
  • 三二 感性的統一と範疇的統一 / 231
  • 三三 感性知覺と範疇的直觀 / 242
  • 三四 範疇的直觀と所謂内部知覺 / 250
  • 三五 範疇的直觀の本質 / 260
  • 三六 論理的對象界の一般的構造 / 267
  • 第六編 論理的考察 / 273
  • 三七 現象學的論理學の特色 / 273
  • 三八 論理學の三段階 / 276
  • 三九 形式化と一般化、分析的と綜合的 / 282
  • 四〇 命題論的と形式存在論的、意味範疇と對象範疇 / 297
  • 四一 名辭化 / 304
  • 四二 形式的觀念的對象の超時間性 / 310
  • 四三 經驗判斷、個體 / 312
  • 第七編 相互主觀性 / 321
  • 四四 第一次所屬圈 / 321
  • 四五 他我經驗の志向的構成 / 330
  • 四六 客觀的自然の相互主觀的構成 / 335
  • 四七 高次の構成的階層 / 340
  • フッセル年譜 / 344
  • 索引 / 349

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 西哲叢書
著作者等 下程 勇吉
書名ヨミ セイテツ ソウショ
書名別名 フッセル

Seitetsu sosho
巻冊次 第30
出版元 弘文堂書房
刊行年月 昭11
版表示 再版
ページ数 347, 15p 肖像
大きさ 20cm
NCID BN05555813
BN14526907
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
46060223
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
フッセル 下程 勇吉
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想