万葉集への視角

吉井巌 著

[目次]

  • 反歌攷序説
  • 万葉集巻六について-題詞を中心とした考察
  • 遺新羅使人歌群-その成立の過程
  • 万葉集の遣新羅使船の夜の船出-直木孝次郎氏の「夜の船出」を読んで
  • 「女嬬狭野弟上娘子」覚え書
  • 額田王覚え書-歌人額田王誕生の基盤と額田メモの採録
  • 三山歌について
  • 雷岳の歌
  • 巻十三長歌と反歌
  • 大伴旅人の名をめぐって
  • 越中守家持の作品をめぐって
  • 家持と防人たちとの出合い
  • 見る歌の発想形式について-「見ゆ」を中心に
  • 明日香川 川淀さらず立つ霧の
  • 紐二題-「ただならずとも」と「つけし紐とく」
  • いへ・やど・やね
  • 万葉集「そがひに」試見
  • 倭太后の歌一首について
  • 青雲攷
  • 紫雲の源流
  • 東細布と横雲
  • 新古今時代新風和歌成立の一側面-雲を媒介として
  • 大崎の神の小浜
  • 万葉集の住吉-その地理的研究
  • 難波の港津について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 万葉集への視角
著作者等 吉井 巌
書名ヨミ マンヨウシュウ エノ シカク
書名別名 Man'yoshu eno shikaku
シリーズ名 万葉集 93
研究叢書 93
出版元 和泉書院
刊行年月 1990.10
ページ数 424p
大きさ 22cm
ISBN 4870884410
NCID BN05551528
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91014101
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想