触媒作用と触媒

マルセル・プレットル 著 ; 牟田明徳 訳

[目次]

  • 訳者の緒言 / p3
  • 序文 / p11
  • 第1章 触媒作用の根本的な定義 / p17
  • I 真の触媒作用
  • 均一触媒作用
  • 不均一触媒作用
  • 自己触媒作用
  • II 触媒作用の一般知識
  • 連鎖反応の定義
  • 増感.
  • 光増感.
  • 抑制または負触媒作用
  • 一般化された触媒作用の他の型
  • III 触媒作用の干渉の限界
  • 第2章 触媒作用の科学的基礎 / p27
  • I 触媒と化学平衡論
  • II 触媒作用と分子構造
  • 反応作用における触媒の役割
  • 均一触媒の役割
  • 不均一触媒の役割
  • 吸着された分子の構造および反応性
  • 固体触媒の構造と活性化
  • III 触媒作用と化学動力学
  • 動力学の根本的定義
  • 次数
  • 活性化エネルギー
  • 均一触媒作用の動力学特性
  • 不均一触媒作用の動力学特性
  • 反応機構の実験的確証
  • 第3章 均一触媒作用 / p57
  • I 均一触媒作用と抑制の基本的機構
  • 活性化衝突による触媒作用
  • 非活性化衝突による抑制物質の作用
  • 触媒の直接の化合による触媒作用
  • 不安定物質の生成による触媒作用
  • 特殊な触媒作用
  • II 気相における均一触媒作用
  • 解離反応
  • 酸化反応と燃焼反応
  • III 溶液での均一触媒作用
  • 酸と塩基による触媒作用
  • 添加反応
  • 分解反応
  • IV 抑制作用
  • 酸化防止剤
  • 防爆剤
  • 第4章 不均一触媒作用 / p77
  • I 接触物質の作用型式
  • 吸着相での活性化による触媒作用
  • 中間結合の生成による触媒作用
  • 表面結合の生成による触媒作用
  • II 接触物質の組成と製造
  • 金属触媒
  • 酸化物触媒
  • 他の型の触媒
  • 助触媒
  • 担体
  • 触媒の製造法
  • III 接触物質の使用例
  • 白金の接触触媒作用
  • 鉄および鉄化合物の接触触媒作用
  • 炭化水素の触媒作用変化
  • 第5章 工業的応用 / p103
  • I 鉱酸と肥料
  • 硫黄とその誘導体の工業
  • 窒素の工業
  • 合成ガスの製造での触媒作用
  • II 液体燃料
  • 石油工業での触媒作用処理
  • 液体燃料の合成
  • III ゴムと可塑性物質と合成樹脂
  • IV 食物
  • 結言 / p127

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 触媒作用と触媒
著作者等 Prettre, Marcel
牟田 明徳
マルセル・プレットル
書名ヨミ ショクバイ サヨウ ト ショクバイ
シリーズ名 文庫クセジュ
出版元 白水社
刊行年月 1958
ページ数 128p 図版
大きさ 18cm
NCID BN05551357
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58011020
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想