住宅と土地の経済学

R.J.ポズデナ 著 ; 花井敏 訳

住宅市場における需要と供給の役割、住宅と土地の関係、政府の介入の是非、住宅金融の役割と評価、住宅循環など、基本的なトピックを最新の理論的成果と実証結果で紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アメリカの住宅の歴史
  • 第2章 住宅需要の決定因
  • 第3章 住宅供給の基礎
  • 第4章 土地と上物の市場
  • 第5章 郊外と都市-住宅立地のパターン
  • 第6章 住宅価格と家賃の決定
  • 第7章 賃貸住宅市場
  • 第8章 モーゲージ市場と住宅
  • 第9章 住宅の質の市場
  • 第10章 住宅活動の循環
  • 第11章 アメリカ住宅の将来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 住宅と土地の経済学
著作者等 Pozdena, Randall Johnston
大野 喜久之輔
花井 敏
ポズデナ ランドール・J.
書名ヨミ ジュウタク ト トチ ノ ケイザイガク
書名別名 The modern economics of housing
出版元 晃洋書房
刊行年月 1990.11
ページ数 262p
大きさ 22cm
ISBN 4771004994
NCID BN05542913
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91013582
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想