女流日記文学講座  第6巻 (建礼門院右京大夫集・うたたね・竹むきが記)

石原昭平 ほか編

中世の戦乱の陰に花ひらいた愛の手記「建礼門院右京大夫集」と「竹むきが記」、青春の愛の蹉跌を綴った「うたたね」。3つの異色作品を究明。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『建礼門院右京大夫集』の日記文学的性格
  • 『建礼門院右京大夫集』における和歌と表現
  • 『建礼門院右京大夫集』の構想と執筆意図
  • 『建礼門院右京大夫集』における愛と死-資盛と隆信をめぐって
  • 『建礼門院右京大夫集』と『平家物語』
  • 『建礼門院右京大夫集』の世界への窓
  • 『建礼門院右京大夫集』研究の展望と問題点
  • 『建礼門院右京大夫集』参考文献
  • 文流日記文学における『うたゝね』の位置
  • 『うたたね』の構想と執筆意図
  • 『うたゝね』における古典摂取の方法
  • 『うたたね』に現われた恋-恋人を見る眼差しについて
  • 『うたたね』の世界への窓
  • 女流日記文学における『竹向が記』の位置
  • 『竹向が記』の構想と執筆意図
  • 『竹むきが記』の引歌
  • 『竹むきが記』の生と死
  • 『竹むきが記』の世界への窓

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 女流日記文学講座
著作者等 福田 百合子
今関 敏子
位藤 邦生
大倉 比呂志
岩佐 美代子
水川 喜夫
渡辺 静子
石原 昭平
糸賀 きみ江
藤田 一尊
西沢 正史
野沢 拓夫
鈴木 則郎
長崎 健
大塚 敏久
安藤 淑江
山本 晶子
津本 信博
石原昭平ほか
書名ヨミ ジョリュウ ニッキ ブンガク コウザ
書名別名 建礼門院右京大夫集・うたたね・竹むきが記
シリーズ名 竹むきか記
転寝記
建礼門院右京大夫集
巻冊次 第6巻 (建礼門院右京大夫集・うたたね・竹むきが記)
出版元 勉誠社
刊行年月 1990.10
ページ数 325p
大きさ 20cm
ISBN 4585010165
NCID BN05540940
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91012672
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想