昆虫生理学

大西英爾 [ほか]編

[目次]

  • 1 アゲハチョウ蛹の色彩適応
  • 2 蝶の季節型を支配するホルモン-蝶はどのようにしてその衣装を変えるか
  • 3 プテリンの生化学-蝶の翅の色素からヒトの遺伝病へ
  • 4 変態にかかわる脳のペプチドホルモン
  • 5 脱皮ホルモンと前胸腺
  • 6 ニクバエの休眠性とエクジソン代謝
  • 7 カイコ主要体液タンパク質生合成系-昆虫変態のモデル系
  • 8 昆虫の卵にもあった脱皮ホルモン
  • 9 カイコの胚休眠-ホルモンと遺伝子による調節
  • 10 環状グアニル酸依存性プロテインキナーゼ-そのカイコ胚における作用
  • 11 シンビオニン-アブラムシの細胞内共生バクテリアが合成するタンパク質
  • 12 昆虫から甲殻類のホルモンへ-性決定機構

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 昆虫生理学
著作者等 大西 英爾
遠藤 克彦
園部 治之
書名ヨミ コンチュウ セイリガク
書名別名 現象から分子へ

Konchu seirigaku
出版元 朝倉書店
刊行年月 1990.10
ページ数 234p
大きさ 22cm
ISBN 4254170769
NCID BN05536364
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91008147
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想