家父長制と資本制 : マルクス主義フェミニズムの地平

上野千鶴子 著

男と女の新しい関係とは。時代を挑発し続ける著者が全力投球したフェミニズム理論の総決算。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 理論篇(マルクス主義フェミニズムの問題構制
  • フェミニストのマルクス主義批判
  • 家事労働論争
  • 家父長制の物質的基礎
  • 再生産様式の理論
  • 再生産の政治
  • 家父長制と資本制の二元論
  • 批判に応えて)
  • 2 分析篇(家父長制と資本制
  • 家族の再編
  • 結び-フェミニスト・オルターナティヴを求めて)
  • 付論 脱工業化とジェンダーの再編成-90年代の家父長制的資本制

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家父長制と資本制 : マルクス主義フェミニズムの地平
著作者等 上野 千鶴子
書名ヨミ カフチョウセイ ト シホンセイ
書名別名 Kafuchosei to shihonsei
出版元 岩波書店
刊行年月 1990.10
ページ数 330, 4p
大きさ 20cm
ISBN 400000333X
NCID BN05528650
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91012051
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想