日本を見なおす : その歴史と国民性

鯖田豊之 著

[目次]

  • 《目次》
  • まえがき / p3
  • 第一部 歴史的個体として / p15
  • 1 日本の再評価 / p17
  • <1>不思議な時代 / p18
  • <2>二つの明治維新論 / p22
  • <3>日本の学者、西洋の学者 / p26
  • <4>日本を見なおす / p29
  • 2 日本の歴史的地位 / p33
  • <1>日本はアジアではない / p34
  • <2>日本とヨーロッパの親近性はどこに / p37
  • <3>受容型日本と進出型ヨーロッパ / p42
  • <4>わたしたちの考え / p45
  • 第二部 日本とヨーロッパ / p49
  • 1 古代はどうだったか / p51
  • <1>不思議な物語の本質理解 / p52
  • <2>神が政治をする / p54
  • <3>民衆は政治と文化の外 / p56
  • 2 中世のようすは / p61
  • <1>権威と権力の分離 / p62
  • <2>なんでもくっつけよう / p67
  • 3 近世においては / p73
  • <1>統制の徹底 / p74
  • <2>なんでも切り離そう / p79
  • <3>合理と非合理の分離 / p83
  • 4 明治日本と合理主義 / p89
  • <1>日本のたち遅れとずれ / p90
  • <2>出会いの意味 / p93
  • 第三部 裏返し関係の日本とヨーロッパ / p97
  • 1 戦争状況と平和状況 / p99
  • <1>ヨーロッパを裏返しにした日本 / p100
  • <2>まるでちがう戦争への身構え / p104
  • <3>抵抗と盲従 / p108
  • 2 開放状況と閉鎖状況 / p113
  • <1>世界・国家意識の在、不在 / p114
  • <2>社会と家族 / p117
  • <3>商本主義と農本主義 / p121
  • 3 すべてを変えた風土的条件 / p127
  • <1>論理的と情緒的 / p128
  • <2>麦と米 / p131
  • <3>動物と植物 / p136
  • <4>「男性-ヨーロッパ」と「女性-日本」 / p140
  • 第四部 ヨーロッパ文化の衝撃 / p145
  • 1 幕末・明治初期の動揺 / p147
  • <1>物質文明の受容 / p148
  • <2>政治・社会思想の受容 / p151
  • <3>キリスト教への関心 / p154
  • 2 明治日本の行進 / p159
  • <1>祖先教の成立 / p160
  • <2>祖先教と合理主義 / p163
  • <3>教育の二重構造 / p167
  • <4>「女性-日本」の徴兵制軍隊 / p172
  • <5>遠くなった明治 / p178
  • 3 大正日本の明暗 / p183
  • <1>祖先教をおさえた大正デモクラシー / p184
  • <2>大正の矛盾 / p189
  • 4 昭和日本の狂乱 / p193
  • <1>昭和維新 / p194
  • <2>祖先教の暴走 / p198
  • <3>祖先教の変質 / p202
  • <4>戦争と呼べない大戦争 / p206
  • <5>悲劇の出所はどこに / p211
  • 第五部 戦後の日本とその将来 / p217
  • 1 戦後の変革 / p219
  • <1>祖先教のあとしまつ / p220
  • <2>教育・文化・経済構造の一元化 / p226
  • 2 歴史的個性の回復 / p233
  • <1>戦争異常感の定着 / p234
  • <2>家族意識の衣替え / p237
  • <3>「女性-日本」の生き方 / p242
  • <4>これからの日本 / p246

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本を見なおす : その歴史と国民性
著作者等 鯖田 豊之
書名ヨミ ニホン オ ミナオス : ソノ レキシ ト コクミンセイ
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1964
ページ数 250p
大きさ 18cm
ISBN 4061154141
NCID BN0552821X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64009003
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想